車椅子安全メロディー 

主な機能

1.転落アラーム

2.呼び出しベル

期待される効果

1 1.患者さん(被介護者)の安全性と便利性を高めることができます

2.介護者の緊張感とストレスを減らすことができます

説明:

1. 患者さん(被介護者)が転倒した場合、車椅子安全メロディーからアラームが鳴り、近くにいる介護者に知らせることができます。

2. 車椅子安全メロディーの本体にコールボタンがあり、トイレに行くときや人の助けが必要なときなど、患者さん(被介護者)が介護を必要とする場合、コールボタンを押すと近くにいる介護者を呼び出すことができます。

3. 介護者は車椅子安全メロディーが鳴っていない間、安心して、別の作業を行うことができます。一方、患者さん(被介護者)に異常があった場合、アラームによって、迅速に早速患者を助けに行くことができます。本機能では介護者への負担を減らし、作業効率を高めることができます。

 

デザイン原理

1. 車椅子安全メロディーの安全シートには、11個の圧力センサーが内蔵されており、万が一、患者さん(被介護者)が転倒した場合、圧力が変化することにより、圧力センサーが感知し、アラームが鳴ります。センサーとセンサーの間はFlexible Flat CableFFC)で繋ぎ、安心して車椅子の折り畳めます(このFFCは、160度のまでの曲げに対して、2000回以上の繰り返し曲げの耐久性があります)。安全シートの設置方法については、ビデオ3. ビデオ4. ビデオ5を参照してください。

2. 車椅子安全メロディーの固定方法は、特殊な面ファスナー方式を採用しています。ハンドル付きの車椅子に固定可能です。面ファスナーの固定方法は、ビデオ2をご参照ください

3. 車椅子安全メロディーは、特別な省電力設計を採用しています。2本のAAAアルカリ電池で1年間に使用できます。電池の取り付けと交換方法については、ビデオ1を参照してください。

 

Cloud life monitoring system

主な機能

血中酸素濃度と心拍の異常を即時通知(クラウド経由)

 

期待される効果

1.患者の安全性を高めること

2.介護者の緊張感とストレスを減らすこと

 

説明:

既存のパルスオキシメーターは、アプリとBLUETOOTHによって、検出された血中酸素濃度と心拍数の

データをスマートフォンに送信する機能を備えています。リアルタイム検出と送信のために、パルスオキシメーターのは、

充電式バッテリーにより12時間連続使用できます。2台のパルスオキシメーターを購入すれば、12時間ごとに交換する事により、

リアルタイムで血中酸素濃度と心拍数のデータがスマートフォンに24時間送信できます。血中酸素濃度と心拍数のデータを

リアルタイムで受信できるクラウドコンピューターとクラウド上にLINE通知システムを設計します。クラウドのREALTIMEデータが

異常な場合は、介護者のスマートフォンに通知します。

次に、スマートフォンに通知された血中酸素濃度と心拍数の値をクラウドコンピューターに送信できるアプリケーションを設計します。

パルスオキシメーターがリアルタイムで低酸素症の被介護者を検出した場合、クラウドがLINEを使用して介護者に通知し、被介護者を

一刻も早く病院へ搬送することができます。これにより、突然死の割合を減らすこともできます。

 

 

Cloud motion monitoring system (一人暮らし被介護者(高齢者)Care system)

主な機能

1.一人暮らし被介護者(高齢者)の活動検知

期待される効果

1.一人暮らし被介護者(高齢者)の異常な活動を早期発見

2.介護者または被介護者(高齢者)の子供の緊張感とストレスを減らすこと

 

説明:

孤独死は、簡単に解決ができない社会問題です。「孤独死」を防ぐために、

即時監視システムを設計しました。ほとんどの一人暮らしの被介護者(高齢者)の

活動監視に役立ちます。

下記3種類の安価で手ごろな価格の人感センサーを設計しました

 

1.ネックレスセンサー(Necklace sensor

2.ドアセンサー  ( Door sensor)

3.トイレセンサー ( Toilet sensor)

 

3種類のセンサーにはすべて加速度ICが搭載されており、誤動作を防ぐために、加速度が一定のレベルに達すると、

状態が静止から移動に変換されます。動いていないときは3秒ごとに受信機に静止メッセージを送信し、受信機はクラウドの

ネットワークに接続して静止時間を記録します。いずれかのセンサーの移動が加速ICの感知より早い場合、センサーモバイル信号が

受信機に送信され、更にクラウドに送信し、クラウドは静止時間をリセットして静止時間を再計算します。

 

モバイルセンサーの静止時間の重ねて使用することにより、高齢者が部屋で移動していない時間や、ドアを開けていない時間、

トイレにいない時間などが解ります。クラウドは一定時間後に3つのセンサーの反応がなければ、クラウドがLINEを利用して介護者または

被介護者(高齢者)の家族に通知し、通知受け取った場合、スマートフォンで被介護者(高齢者)に連絡します。もし被介護者(高齢者)から

回答がない場合は、迅速に駆けつけて被介護者の安否状況を確認することができます。この方法を利用して、被介護者(高齢者)を早めに

発見することができます。クラウドは複数の人を監視でき、24時間リアルタイム監視ができるため、多額の費用をかける必要がなく、

多くの一人暮らし被介護者の世話をすることができます。